1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 影絵楽しむ催し多彩 川喜多映画記念館

影絵楽しむ催し多彩 川喜多映画記念館

カルチャー | 神奈川新聞 | 2016年4月13日(水) 02:00

影たちの祭り
影たちの祭り

 日本初の影絵専門劇団「かかし座」の魅力を紹介するイベントが15日、鎌倉市川喜多映画記念館(同市雪ノ下)で始まる。劇団を追ったドキュメンタリーの上映や親子で影絵を体験できるワークショップなど多彩な催しが用意されている。17日まで。

 かかし座は1946年に市内で開校した私立学校「鎌倉アカデミア」の卒業生、後藤泰隆氏が52年に設立。今回の催しはアカデミア創立70年を記念し、同記念館が企画した。

 期間中は毎日、稽古場風景や劇団員の思いに迫ったドキュメンタリー「影たちの祭り」を上映。かかし座代表の後藤圭さんのほか、同劇団ゆかりの劇作家、若林一郎さんらをゲストに迎えたトークイベントもある。

 劇団員が子どもたちに影絵を教えるワークショップや、かかし座が制作した短編16ミリフィルム作品の上映も実施する。スケジュールやチケットの問い合わせは、同記念館電話0467(23)2500。

劇団に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング