1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. かながわ音楽コンクール ヴァイオリン部門第2次予選進出(入選)者

3月20日実施分
かながわ音楽コンクール ヴァイオリン部門第2次予選進出(入選)者

カルチャー | 神奈川新聞 | 2016年3月21日(月) 16:56

◆光る才能 音色に乗せ

 「第32回かながわ音楽コンクール」ヴァイオリン部門が3月20日、横浜市青葉公会堂(同市青葉区)で始まった。神奈川新聞社と同コンクール運営委員会の主催。神奈川トヨタ自動車とヤマハミュージックジャパンの特別協賛、ありあけと神奈川ヤマハ会の協賛。

 ヴァイオリン部門の1次予選は21日までで、2会場に148人が出場予定。今回から18歳以上(高校生を除く)が対象の「一般の部」が新設された。参加者は初日から、ラベルの「ツィガーヌ」やイザイの無伴奏曲などの難曲を演奏した。

 1次通過者は4月10日に同市緑区民文化センター「みどりアートパーク」で行われる2次予選を経て、5月8日に県立音楽堂で行われる本選に進出する。本選終了後には記念演奏会と表彰式を行う。

 上位入賞者は神奈川フィルと共演する「トップコンサート」(10月開催予定)をはじめ「クリスタルコンサート」(8月開催予定)や「交流の響き」(9月開催予定)、山手地区の西洋館でのコンサートなどに出演する。

 審査結果は原則として翌日の神奈川新聞紙上で発表し、当サイト「カナロコ」にも随時掲載する。

 今年のコンクールはヴァイオリン部門の他、ユースピアノ部門予選が3月26日から29日まで行われる。フルート部門は4月16日から始まる。問い合わせは事務局電話045(227)0779=平日午前10時~午後5時。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

かながわ音楽コンクール 1に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング