1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 満開の桜心情重ね 日本画家・後藤さん個展

満開の桜心情重ね 日本画家・後藤さん個展

カルチャー | 神奈川新聞 | 2016年3月20日(日) 02:00

「いろいろな表情を見せてくれる桜に人生を重ねて見てもらえれば」と話す後藤さん=そごう横浜店
「いろいろな表情を見せてくれる桜に人生を重ねて見てもらえれば」と話す後藤さん=そごう横浜店

 平塚市を拠点に制作活動を続ける気鋭の日本画家、後藤真由美さん(33)の個展が、横浜駅東口のそごう横浜店6階美術画廊で21日まで開かれている。テーマは桜で、日本画のほか水彩作品も含む23点が飾られている。「一足早い満開の桜で花見を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。

 後藤さんはこれまで巨木や猛獣など生命力にあふれ、神秘的で力強い対象を主に描いてきたが、今回ははかなさや悲しさ、憂いといった内面の細やかな心情を投影させる桜をモチーフに据えた。2~3年前から準備を始め、昨春には福島や秋田、京都など全国各地の桜の名所を訪ね描いてきた。「こぼれ落ちるような一瞬の心情を感じていただければ」と話している。

 後藤さんは武蔵野美術大日本画学科出身。2011年には上野の森美術館大賞展入選、13年度には湘南ひらつか織り姫を務めるなど幅広く活躍している。

 午前10時~午後8時(最終日は午後4時まで)。入場無料。

絵画に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング