1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 若い才能出会う場に 東急たまプラで絵画を展示販売

若い才能出会う場に 東急たまプラで絵画を展示販売

カルチャー | 神奈川新聞 | 2017年1月5日(木) 15:56

若い才能出会う場に 東急たまプラで絵画を展示販売
若い才能出会う場に 東急たまプラで絵画を展示販売

 2組の若手芸術家ユニットのメンバーらが約150点の絵画作品を展示販売する新春アートフェア「イレブンガールズアートコレクション×薫風展」が、東急百貨店たまプラーザ店(横浜市青葉区)で開催中だ。8日まで。入場無料。

 画家の與倉豪さんがプロデュースする若手アーティストユニットで女性11人の「イレブンガールズアートコレクション(EGC)」と男性5人の「薫風」から、新旧メンバーの14人が参加。油彩画、日本画、銅版画、パステル画など、個性あふれる作品が並ぶ。

 薫風のメンバーで、茅ケ崎市在住の多摩美大3年・黒沼大泰(ひろやす)さん(23)は、黒箔(くろはく)を背景にアジサイなどの日本の花を色鮮やかに描く。「お客さんの直接の感想を聞けるので勉強になる」と話す。

 大和市在住で同大2年の井上雅未花(あみか)さん(26)は昨年からEGCに参加。「絵を売ることを実践で学べるのは大きい」という。古典的なテンペラ技法で、フクロウがティーカップにちょこんと乗っている様子を愛らしく表現している。

 会場ではメンバーと直接話をすることができ、何度も足を運んで数人の作品を購入した人もいるという。新しい才能に出会える場として人気が高く、同店では「継続的にこういう場を提供し、若い方々を支援していきたい」と話した。

 問い合わせは同店アートサロン電話045(903)2441。

アートフェスに関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング