1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 雨空に彩り鮮やか 川崎、妙楽寺であじさいまつり

雨空に彩り鮮やか 川崎、妙楽寺であじさいまつり

カルチャー | 神奈川新聞 | 2015年6月22日(月) 03:00

満開のアジサイを背に、花の寄せ植えなどが販売されたあじさいまつり=川崎市多摩区
満開のアジサイを背に、花の寄せ植えなどが販売されたあじさいまつり=川崎市多摩区

 「あじさい寺」として有名な川崎市多摩区長尾の妙楽寺で21日、恒例の「長尾の里あじさいまつり」が開かれた。あいにくの雨空だったが、アジサイは一層鮮やかに咲き誇り、訪れた地域の人々の目を楽しませた。

 市民の交流を図ろうと、地域住民の有志でつくる実行委員会が開催。野菜や和菓子、焼きそばの販売のほか、寺の本堂では写真や生け花の展示も行われた。昼前から始まった鉢植えの無料配布を目当てに、多くの人が列をつくった。

 境内には28種千株のアジサイが満開。天候にもよるが、見ごろは6月いっぱい続くという。

 同寺に続く道沿いにもアジサイが植えられている。その手入れを担う長尾の里あじさい保存会の会長で、実行委員会のメンバーでもある鈴木恕(ひろし)さん(89)は「地域発展のためにもアジサイを守っていきたい。環境保全のきっかけにもなるといい」と話していた。

アジサイに関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング