1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 音楽、踊りでハマ彩る ザよこはまパレード

音楽、踊りでハマ彩る ザよこはまパレード

カルチャー | 神奈川新聞 | 2015年5月4日(月) 03:00

6年ぶりに主催者(横浜商工会議所、神奈川県、横浜市)のフロートが登場した「ザよこはまパレード」=横浜市中区の開港広場前
6年ぶりに主催者(横浜商工会議所、神奈川県、横浜市)のフロートが登場した「ザよこはまパレード」=横浜市中区の開港広場前

 毎年恒例の祭典「ザよこはまパレード(国際仮装行列)」が3日、横浜市中区の山下公園などで開かれた。横浜・みなとみらい21(MM21)地区や馬車道など計約4キロの沿道は親子連れやカップルらで埋め尽くされ、終日、にぎわいを見せた。県や横浜市などでつくる「国際仮装行列実行委員会」の主催。

 68団体3900人が参加したパレードでは、県内の小中高生などがマーチングバンドやダンスを披露。中国の獅子舞やブラジルのサンバも登場し、来場者からは大きな歓声や拍手が上がった。

 山下公園前で行われたオープニングセレモニーには、横浜創英高校ダンス部も出演。キャプテンの女子生徒(17)は「卒業前最後のパレード。毎日、練習を繰り返してきた」と話し、息の合ったダンスを披露した。

 3歳の娘とともに来た女性(39)は「かわいい衣装を着て頑張っている参加者を見て、娘も出てみたいという気持ちになったようだ」と笑顔を見せた。

 主催者によると、約35万人が来場。六川勝仁企画宣伝委員長(64)は「63年の伝統に、新しい横浜の魅力を合わせたものを今後もつくっていきたい」と話した。

観光振興に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング