1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 金太郎キャラのよいしょ君再任 南足柄市のふるさと大使

金太郎キャラのよいしょ君再任 南足柄市のふるさと大使

カルチャー | 神奈川新聞 | 2015年1月8日(木) 03:00

南足柄市のふるさと大使に任命された(左から)大澤弁護士、勝又監督、よいしょ君、キンタローマン=市文化会館
南足柄市のふるさと大使に任命された(左から)大澤弁護士、勝又監督、よいしょ君、キンタローマン=市文化会館

南足柄市の魅力を広くPRしてもらう「ふるさと大使」に、南足柄市は7日、お茶の間でおなじみの大澤孝征弁護士(69)、映画「オードリー」などの勝又悠監督(33)を初任命、金太郎キャラクターのよいしょ君とキンタローマンを再任した。

同市関本の市文化会館で開かれた賀詞交換会に参加した約300人の市民を前に、加藤修平市長から4人に委嘱状が手渡された。

童謡「足柄山の金太郎」が流れる中、35年間同市の顧問弁護士を務める大澤弁護士は「大使のいる法律事務所はいわば大使館。足柄地域の歴史の魅力を伝えたい」、同市内山地区出身の勝又監督は「ふるさとの空気感や、ゆったりと流れる時間を映画で描き、世界に伝えたい」と、それぞれ抱負を語った。再任されたよいしょ君とキンタローマンはガッツポーズを取り、会場の笑いを誘っていた。

【神奈川新聞】

加藤修平(政治家)に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング