1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 手斧振るい 工事安全祈願 鶴岡八幡宮で

手斧振るい 工事安全祈願 鶴岡八幡宮で

カルチャー | 神奈川新聞 | 2015年1月5日(月) 13:20

厳粛な雰囲気の中行われた手斧始式=鎌倉市の鶴岡八幡宮
厳粛な雰囲気の中行われた手斧始式=鎌倉市の鶴岡八幡宮

鎌倉市雪ノ下の鶴岡八幡宮で4日、神事「手斧(ちょうな)始(はじめ)式」が行われた。多くの見物客や参拝者が見守る中、市内の建築業者らがことし一年の工事の安全を祈願した。

1181(養和元)年に源頼朝が鶴岡八幡宮を造営した際、執り行った儀式に由来。1949年に現在の形で再興された。

長さ約4メートルの木材を三の鳥居から舞殿前に搬出。厳粛な雰囲気の中、昔ながらの装束を身にまとった建築業者らが古式にのっとり、木材の前で手斧やのこぎりを振るった。

【神奈川新聞】

神事に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング