1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 添田杯ロードレース 200人が力走/茅ケ崎

添田杯ロードレース 200人が力走/茅ケ崎

カルチャー | 神奈川新聞 | 2014年12月15日(月) 03:00

起伏のある田園地帯のコースを力走した選手ら=茅ケ崎市
起伏のある田園地帯のコースを力走した選手ら=茅ケ崎市

地元の冬の風物詩でもある「添田杯ロードレース大会」が14日、茅ケ崎市芹沢の県立茅ケ崎里山公園周辺で開かれた。小学生から大人まで約200人が出場し、冬晴れの下で脚力を競い合った。

茅ケ崎陸上競技協会の主催で、今年で51回目。公園周辺の田園地帯を走り抜ける、起伏のあるコースとなっている。小学3~6年生、中学生女子、一般(高校生以上)女子の3部門が3キロ、中学生男子と一般男子の2部門が5キロを走った。

一般男子の部で優勝し、3回目の出場となる私立高校2年の男子高生(16)=同市=は「目標のタイムには届かなかったが、優勝を狙っていたのでうれしい」と笑顔を見せた。

一般女子の部では、初出場の女子高生(16)=小田原市=が大会新記録で優勝。「思ったより急な上り坂だったが、最後まで粘れて良かった」と喜びを語った。

【神奈川新聞】

女子高生に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング