1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. “焚書”で閉会飾る 森村泰昌さん朗読も トリエンナーレで11月3日

“焚書”で閉会飾る 森村泰昌さん朗読も トリエンナーレで11月3日

カルチャー | 神奈川新聞 | 2014年10月29日(水) 03:00

横浜美術館(横浜市西区)などで開催中の現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2014」が、11月3日で閉会を迎える。最後を飾るイベントとして同日、同展のために作られ、会場に展示されている本を燃やすパフォーマンスが行われる予定で、横浜トリエンナーレ組織委員会では観覧を呼び掛けている。

本は「Moe Nai Ko To Ba」。世界で1冊だけの本で、国内外のさまざまな芸術家による、忘却に関する詩や絵画などの作品を収めている。同展のテーマになったレイ・ブラッドベリさんの小説「華氏451度」で描かれた“焚書(ふんしょ)”にちなみ、同作品を燃やして消滅させるパフォーマンスを行う。

同展のアーティスティック・ディレクターの森村泰昌さんが同書を朗読する第1部「最後の朗読」は同美術館内展示室で午後5~6時、火にくべる第2部「消滅の海へ」は美術館前の広場で午後6時半~7時。第1部は展覧会チケットが必要。小雨決行。

問い合わせはハローダイヤル03(5777)8600。

【神奈川新聞】

トリエンナーレに関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング