1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. ヨコハマトリエンナーレきょう開幕 芸術作品400点以上

ヨコハマトリエンナーレきょう開幕 芸術作品400点以上

カルチャー | 神奈川新聞 | 2014年8月1日(金) 03:00

「ヨコハマトリエンナーレ2014」について説明した森村泰昌さん(右から3人目)ら=横浜美術館
「ヨコハマトリエンナーレ2014」について説明した森村泰昌さん(右から3人目)ら=横浜美術館

横浜トリエンナーレ組織委員会(横浜市、市芸術振興財団などで構成)は31日、現代美術の国際展「ヨコハマトリエンナーレ2014」について、国内外から65組79人が参加し、展示作品は400点以上になると最終発表を行った。開会を翌日に控え、メーン会場の横浜美術館(横浜市西区)と新港ピア(中区)では報道向け内覧会も同日開催。展示の全容が初披露された。

アーティスティック・ディレクターの森村泰昌さんは「こんな捉え方ができるのかと驚いたり、考えさせられたりする体験ができるのが今回のヨコトリ」と話した。特に、美術館に来たことがない人や次代を担う子どもたちに見てほしいと来場を呼びかけた。

同館のグランドギャラリーに展示されるマイケル・ランディの「アート・ビン」は、失敗作などの美術作品を捨てる巨大なごみ箱。この日は、参加作家らが自作を投げ入れるパフォーマンスも行われた。森村さんが、女装した自らの肖像写真を大きくプリントした作品を投げ入れると、大きなどよめきが起こった。

同展は8月1日~11月3日。第1、第3木曜休場。一般1800円、大学・専門学校生1200円、高校生800円。「BankART Life 4」と「黄金町バザール2014」との連携セット券もある。問い合わせはハローダイヤル03(5777)8600。

【神奈川新聞】

トリエンナーレに関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング