1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”

女性自身
星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”

カルチャー | 神奈川新聞 | 2016年11月30日(水) 12:07

星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”(写真:女性自身)
星野源「超ビビリ症」トラウマ克服させた“恩人の熱血指導”(写真:女性自身)

 主演ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の視聴率が右肩上がりの星野源(35)。2年連続で紅白歌合戦の出場も決め、飛ぶ鳥を落とす勢いだ。だが星野の人生をさかのぼっていくと、そこから見えてくるのはいまとはまったく違う少年時代の姿――。

 「小学校で教師に強く叱られたことが強烈なトラウマになって、それ以来、ご両親も彼のことを怒ることができなくなってしまったんです。叱るかわりに励ましたり、気持ちを紛らわせてあげるために冗談を言ってあげたり」(星野の知人)

 大学受験に失敗して実家を出た星野は、東京・中野の沖縄料理店「あしびなー」でアルバイトを始める。ここで“超ビビリ症”の気弱少年は、一大変貌を遂げていく。店を訪れると、店主の金城吉春さんが出迎えてくれた。

 「源ちゃんのファンかい?この前も栃木や仙台から来てくれて、源のおかげでこの不景気に助かってるよ!(笑)」

 この店で星野は25歳までの6年間、アルバイトに励んだ。

 「仕事ぶりは一生懸命だけど、たまに遅刻したな。プレッシャーに弱くて、お腹を下しちゃうらしく、阿佐ヶ谷から中野までの2駅の距離でも電車を降りてトイレに掛け込んでいたらしいよ」

 お金がなかった星野は、店から料理の煮汁をもらって帰り、家でつけ麺を作って食べていたと当時を振り返る。

 「店の塩も勝手に盗んで持って帰ってたよ(笑)。賄いはみんなで食べるから鍋とかが多いんだけど、あいつは片手でだらしなく食べててね。『ちゃんと両手で食べなさい!』とか、『背筋を伸ばして食べなさい!』って叱ったなあ。朝、お腹が痛くなったのも、俺がプレッシャーかけすぎたせいだったのかな(苦笑)」

 叱られない少年時代から一転、金城さんの“熱血指導”で“更生”した星野は、ついに昨年、夢だった紅白歌合戦への初出場を遂げるまでに成長する。金城さんが続ける。

 「じつは今年の初めに、源のお父さんが1人でわざわざ店に来てくれたんだよ。個性的なお父さんでね。源と違って酒もタバコも飲むし、酔っ払って終電を逃してね。『源を叱ってくれてありがとう』って言ってたな。夜通し飲みながら源の話をしてたよ」

 出会いが星野を生まれ変わらせた――。【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。

【関連記事】
『逃げ恥』新垣結衣輝かせる星野源の“イケメンすぎる気配り”
星野源 同級生がバラす“モテ男”とはほど遠かった少年期
キンタロー。下品すぎて仲間外れに…”暗黒期”のトラウマ
羽生結弦 ジャンプ失敗の原因は「激突時のトラウマ」との声
江角マキコ「いじめ絶対No!」にあった中学生時代のトラウマ

紅白歌合戦に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング