1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. シニア向けダンスレッスン動画を無料公開

横浜出身ダンサー安藤洋子さん
シニア向けダンスレッスン動画を無料公開

カルチャー | 神奈川新聞 | 2020年7月29日(水) 19:25

安藤洋子さんがレクチャーするダンスレッスン動画
安藤洋子さんがレクチャーするダンスレッスン動画

 シニアを対象にしたダンスレッスンの動画が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で無料公開されている。出演は国内外で活躍する横浜出身のダンサー安藤洋子さん。新型コロナウイルスの影響で外出時間が減り、運動不足になりやすいお年寄りが無理なく体を動かせる機会にしようと企画した。健康に気遣いながら、表現の楽しさを肌で感じられる映像に仕上がっている。

 県の共生共創事業の一環。安藤さんは60歳以上を対象にした同事業のダンス企画「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」のリーダーを務め、昨年5月から10回ほど横浜や鎌倉でワークショップを展開。延べ340人の参加者と共に、日常の所作に着目した身体表現のありようを追究してきた。


動画の収録現場で動きを確認する安藤洋子さん=横浜市中区のKAAT神奈川芸術劇場
動画の収録現場で動きを確認する安藤洋子さん=横浜市中区のKAAT神奈川芸術劇場

 しかし、新型コロナの感染拡大で「チャレンジ─」は2月末から活動を休止。3月に横浜で予定していた成果発表イベントも中止となった。

 活動の再開が見通せない中、自宅でもできることを模索して実現したのがオンラインでのダンスレッスン。「ダンス動画はさまざまあるが、初心者やシニアの人が付いていけないものが多い。毎日無理なく続けられるものを提供したいと思った」と、県の担当者。安藤さんも「ただ体を動かすエクササイズではなく、皆さんの気持ちが上がるようなアートを届けたい」と収録に臨んだ。

 動画は約20分。ウオーミングアップや膝・腕を使ったトレーニング、立って行うエクササイズなど、シニアが実践しやすい単純な動きをベースに安藤さんが指南する。指先までしなやかに、両手を上げて息を吐きながら下ろす、両足を交互に上げる、膝を曲げる─といった動作で全身の筋肉を使い、転倒防止などの体力面での効果も見込む。


「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」のワークショップ(いずれもKAAT提供)
「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」のワークショップ(いずれもKAAT提供)

「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」のワークショップ(いずれもKAAT提供)
「チャレンジ・オブ・ザ・シルバー」のワークショップ(いずれもKAAT提供)

 外出がままならず、コロナ禍は多くの人がストレスや疲労をためやすい。「心と体はつながっている。この状況下だからこそ、1日1回でも呼吸に集中したり、好きな音楽を流して思いのまま体を動かしたりすることが大切」と安藤さんは言う。

 映像では基礎的な動きがメインだが、「最終的に型にはまらなくていい」とも語る。「必ずリズムに乗らなきゃいけないといった決まりや制限はない。健康のためという視点からさらに一歩踏み出し、表現する楽しさを感じてほしい」と呼び掛ける。

 「さりげない動作の中にも、筋肉の動かし方一つで美しい表現につながる可能性があることを実感できるはず」と担当者。「チャレンジ─」のワークショップは感染防止対策を講じた上で9月に再開予定といい、「動画で運動不足を解消しつつ、興味を持ったシニアの人にぜひ参加してもらえたら」と話している。

 動画は共生共創事業のホームページから視聴可能。

ダンスに関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング