1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 次代の演劇人求む かもめ短編演劇フェス

次代の演劇人求む かもめ短編演劇フェス

カルチャー | 神奈川新聞 | 2018年10月22日(月) 13:47

応募を呼び掛ける渡辺さん=県庁
応募を呼び掛ける渡辺さん=県庁

 次代を担う演劇人を育成するショート演劇の祭典が、装いを新たに開催される。「神奈川かもめ短編演劇フェスティバル」と銘打ち、20分間のオリジナル作品を上演する参加団体を今月1日から公募。審査委員長で女優の渡辺えりさんは「多様性が重要。シナリオは決まりを考えず、書きたいことを自由に書いてもらいたい」と豊かな表現の発露を求めている。

 昨年までの「神奈川かもめ短編演劇祭」を一新し、大賞受賞団体への特典として賞金30万円と、県立青少年センター(横浜市西区)での上演権を設定した。

 予選の参加団体を12月5日まで全国公募し、企画書、過去の上演映像などをもとに通過5団体を選考。11月20日締め切りの「戯曲コンペティション」の最優秀作品、県内の高校生を対象とした「22世紀飛翔枠」にも出場権が与えられる。


応募を呼び掛ける渡辺さん(左)と黒岩知事=県庁
応募を呼び掛ける渡辺さん(左)と黒岩知事=県庁

 さらに、前年度大賞団体、九州、北海道の両地区代表を加えた10団体が来年3月21~24日、KAAT神奈川芸術劇場(同市中区)での本戦に出場する。

 今月17日には渡辺さんが県庁を訪れ、「動画共有サイトなどを通じ、全世界で見られる長さ。面白さを凝縮した作品を応募していただきたい」とPR。黒岩祐治知事は「短い時間で何を表現できるか、限界に挑むフェスティバル。志あるチャレンジャーをお待ちしたい」と語った。

KAAT神奈川芸術劇場に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング