1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. DOMANI・明日2020

【ミュージアム・ナビ】国立新美術館
DOMANI・明日2020

カルチャー | 神奈川新聞 | 2020年2月7日(金) 20:28

宮永愛子のインスタレーション「景色のはじまり」=国立新美術館
宮永愛子のインスタレーション「景色のはじまり」=国立新美術館

 文化庁が支援する若手芸術家の海外研修の経験者を中心に、多世代から11人を紹介。「傷ついた風景の向こうに」をテーマに、天災や人為的災いによって生じた傷痕を巡る表現を集めた。

 冒頭には横須賀市で育った写真家、石内都が身体の傷を撮った作品が並ぶ。石内は「横須賀には戦場の歴史という現在進行形のあきらかな痕跡が、風景の中に幾重にも重なって横たわっている」と言葉を寄せた。

 横浜市在住の宮永愛子の「景色のはじまり」は日本各地から集めた12万枚のキンモクセイを葉脈だけに加工してつなげた巨大なインスタレーション。東日本大震災を挟んで制作され、人と人、森、海のつながりを感じさせる。

 ※16日まで。11日を除く火曜と12日休館。一般千円、大学生500円。六本木駅徒歩4分。問い合わせはハローダイヤル03(5777)8600。

美術館に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング