1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 松岡修造『陸王』出演で「部屋中に役所広司写真」の衝撃特訓

女性自身
松岡修造『陸王』出演で「部屋中に役所広司写真」の衝撃特訓

カルチャー | 神奈川新聞 | 2017年12月6日(水) 11:00

松岡修造『陸王』出演で「部屋中に役所広司写真」の衝撃特訓(写真:女性自身)
松岡修造『陸王』出演で「部屋中に役所広司写真」の衝撃特訓(写真:女性自身)

 12月3日に放送されたドラマ『陸王』(TBS系)で本格俳優デビューを果たした元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(50)。連ドラレギュラーは初めてにもかかわらず、堂々とした演技を見せていた。

 「『陸王』は役所広司さん(61)演じる老舗足袋業者『こはぜ屋』社長が、裸足感覚のランニングシューズ開発に乗り出す“企業再生物語”。松岡さんが演じるのは大手アパレルメーカー社長。礼儀正しく真っ直ぐな熱い男ながら冷静なビジネス分析もできる、松岡さんの人物像そのままな役柄です。プロデューサーも『この役は松岡さんにしかできない』と熱く説得したそうです」(テレビ局関係者)

 松岡が演じるのは『こはぜ屋』再生の鍵を握る重要な人物だという。ドラマの今後を左右する役どころだけに、プレッシャーを感じていたようだ。彼はこうコメントしている。

 《いきなり初心者がテニスでいうグランドスラムに出場するようなものです。心から自分のしたいことへの挑戦。そして、50歳という節目を迎えた自分。このチャンスにチャレンジせずに今後の僕はないと決断しました》

 その熱い気持ちを表すように、彼は今まで誰も聞いたことがないような役作りをしていた。

 「松岡さんは撮影の2週間前から役作りをしていたそうですが、まずやったことが“家中の壁という壁に役所さんの顔をプリントアウトして貼りつける”というもの。理由として、彼は『日本のトップ俳優である役所さんの前で演技すると、緊張してしまうはず。だからまずは見慣れた顔にしておくことを重視しました』と真剣な顔で話していました。お風呂以外のすべての壁に貼るほどの徹底ぶりだったそうです」(ドラマスタッフ)

 奇想天外にも思える役作り。だがこれが功を奏し、現場でも大評判だったという。

 「初回の撮影でも、松岡さんはいっさいNGを出しませんでした。カメラが回っていないところでも熱血漢の松岡さんがいるおかげでいつも明るいので、現場の士気もあがっています。そんな撮影を見たほかのドラマ班も興味津々。すでに来年のドラマキャスティングリストに松岡さんの名前を加えたそうですよ」(前出・テレビ局関係者)

 “まいにち、役所”計画でピンチを乗り越えた松岡。50歳の熱血新人は、芸能界でも頂点を目指せるのか!?【女性自身】

「カナロコ」は、読者に幅広いコンテンツを提供するため女性週刊誌「女性自身」との提携を開始しました。女性誌の視点からみた政治や経済。関心が高い教育、そしてグルメ、芸能まで多岐にわたり情報を配信していきます。
【関連記事】
役所広司の原動力!資産16億円支える4歳年上妻の凄腕経営
寺尾聰 リアル『陸王』…妻と乗り越えた“借金2億円”危機
阿川佐和子『陸王』驚きの女優力生んだ“2つの秘訣”とは
竹内涼真『陸王』ファン200人集結の激走生んだドS肉体改造
『陸王』にも出演、“ブーム仕掛け人”語る足袋の将来

女性自身に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング