1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 「杳子」 稀薄な存在を受け止める

日本文学あの名場面/平野啓一郎(小説家)
「杳子」 稀薄な存在を受け止める

カルチャー | 神奈川新聞 | 2019年11月17日(日) 10:45

「杳子」の一場面 「杳子」の一場面を 拡大して読むにはこちらから 「ようこ」というのは、或(の)る世代までは、しばしば出会(でくわ)す女性の名前で、「洋子」、「陽子」、「葉子」、……と、幾つかの漢字が思い浮かぶ。しかし、「杳子」というのは、流石(さすが)に虚を突かれる漢字の当て方だろう…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小説に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング