1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 「殉教」 言いようのない奇妙な味わい

日本文学あの名場面/平野啓一郎(小説家)
「殉教」 言いようのない奇妙な味わい

カルチャー | 神奈川新聞 | 2019年8月25日(日) 11:59

「殉教」の一場面 「殉教」の一場面を 拡大して読むにはこちらから 何とも言えず、「気持ち悪い」ものがよく描けている、というのは、殊に20世紀文学の場合、最上の褒め言葉の一つだった。人間は複雑であり、社会も複雑である。しかし、言語化することで、私たちの認識や思考に回収されるならば、対処…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小説に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング