1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 「楢山節考」 徴兵の理不尽を追体験させたのか

日本文学あの名場面/平野啓一郎(小説家)
「楢山節考」 徴兵の理不尽を追体験させたのか

カルチャー | 神奈川新聞 | 2019年6月2日(日) 10:41

「楢山伏考」の一場面 「楢山伏考」の一場面を 拡大して読むにはこちらから 1956年に中央公論新人賞に『楢山節考』を応募した時、深沢七郎は、既に42歳となっていた。決して早くはない文壇デビューで、この時、選考委員を務めていた三島由紀夫は31歳だった。  深沢と三島とは、文学的には凡(…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

小説に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング