1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 芸能
  5. <音楽>キンモクセイ11年ぶり単独公演

2019文化部編集記者回顧④
<音楽>キンモクセイ11年ぶり単独公演

芸能 | 神奈川新聞 | 2019年12月24日(火) 17:55

 横浜美術館が開館30周年、ヨコハマ映画祭が40回の節目を迎え、県内文化の充実が感じられる1年となった。一方、「あいちトリエンナーレ」についての黒岩祐治知事の発言に市民団体が抗議文を提出したり、「KAWASAKIしんゆり映画祭」で慰安婦問題をテーマにした映画の上映に市が懸念を表明したりと、県内でも表現の自由に関する議論が起きた。(4/6)


本格的にバンド活動を再開したキンモクセイは25日、14年ぶりとなる新作アルバムを発表する(撮影・高山 基成)
本格的にバンド活動を再開したキンモクセイは25日、14年ぶりとなる新作アルバムを発表する(撮影・高山 基成)

 横浜生まれの国民的歌手、美空ひばりが没後30年を迎え、改めてその魅力に光が当てられた。若い歌手たちによるカバーアルバムが発表されたほか、NHKとヤマハが人工知能(AI)で歌声を再現する試みに挑戦したことも話題になった。

 ロックバンドSuchmos(サチモス)は9月に横浜スタジアム(横浜市中区)でライブを開催。横浜や茅ケ崎出身のメンバーたちが長年の夢をかなえた。10月、相模原市民会館(同市中央区)で、昨年活動を再開した相模原出身のバンド・キンモクセイが11年ぶりの単独公演を開催した。

 秋には横浜市内を舞台に、国内最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2019」が開催された。

音楽に関するその他のニュース

芸能に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング