1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 芸能
  5. 【空白】娘を失った父親の暴走

【シネマ散歩】
【空白】娘を失った父親の暴走

芸能 | 神奈川新聞 | 2021年9月24日(金) 13:16

 23日から横浜ブルク13などで上映中。

 中学生の娘を失った短気でがさつな父親が、娘の死に関わった気の弱いスーパーの店長や学校関係者を過剰に追い詰めていく姿を描く。

 気の荒い漁師の添田(古田新太=写真左)。娘の花音(伊東蒼)が、車にひかれて死んでしまう。スーパーで化粧品を万引しようとしたところを店長の青柳(松坂桃李=同右)に捕まり、店から逃げ出したが、車道に飛び出したという。

 娘には無関心で、乱暴な態度で接してきた添田だが、娘の無実を信じ、強硬な行動に出る。自分が追い掛けたことで事故に遭わせたと憔悴(しょうすい)する青柳を付け回したり、学校に押し掛けていじめを訴えたり。一方で、別れた妻に諭され、「花音の何を知っていたの」と責められる。他者への激しい憎悪は、後悔と自分へのいら立ちによるものだが、古田の迫力には身がすくむ。

 メディアによって「加害者」として取り上げられた青柳は、バッシングの嵐に見舞われる。スーパーの店員の草加部(寺島しのぶ)は「悪いことはしていない」と励ますが、余りある熱意は青柳にとって善意の押し売りになってしまう。花音をひいた車の運転手も苦しみ、謝罪を受け付けない添田に傷つく。何もかも苦しい場面ばかりだ。

 大切な存在を失ったとき、人はどうやって折り合いをつけて生きていくのか、と難しい問いを突き付ける。

監督・脚本/吉田恵輔
製作/日本、1時間47分

シネマパラダイスに関するその他のニュース

芸能に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング