1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 芸能
  5. 【マスカレード・ナイト】仕事のプロが絶妙のタッグ

【シネマ散歩】
【マスカレード・ナイト】仕事のプロが絶妙のタッグ

芸能 | 神奈川新聞 | 2021年9月17日(金) 21:15

 17日から横浜ブルク13などで上映。

 東野圭吾原作の人気小説「マスカレード」シリーズの映画化第2弾。破天荒な刑事、新田(木村拓哉=写真右)と真面目なホテルウーマン、山岸(長沢まさみ=同左)が、前作「マスカレード・ホテル」に引き続き、仕事のプロとして絶妙なタッグを組む。

 山岸がコンシェルジュとして勤める「ホテル・コルテシア東京」で12月31日に行われる仮装パーティーに、ある殺人事件の犯人が現れるという。匿名の密告を受けた警察は、新田をはじめ、数多くの警察官をフロントやベルボーイといったホテルの従業員として送り込む。仮装した客と潜入する捜査員で混雑し過ぎの豪華なロビーは、全てセットだというから目を見張る。

 見どころの一つが、容疑者として疑われる滞在客。満席のレストランで、求婚する食事相手に気付かれないようにバラの花を通路にまくよう要望する客、窓から見える看板の人の顔が不快だとクレームを入れる客等々、全員が怪しく見える。訳あり客に扮(ふん)する俳優陣も、田中みな実や沢村一樹、勝村政信、木村佳乃、鳳稀かなめ、麻生久美子、高岡早紀、博多華丸、とバラエティーに富んだ豪華な顔触れだ。

 無理難題をふっかける客に山岸がどう対応するのか、さらに新田がどうやって犯人を追い詰めていくのかが、最大の見せ場。ふらりとやって来る能勢刑事(小日向文世)がいいアクセントになっている。

監督/鈴木雅之
製作/日本、2時間9分

シネマ散歩に関するその他のニュース

芸能に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング