1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 芸能
  5. 【リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ】音楽の力 信じ続ける

【シネマ散歩】
【リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ】音楽の力 信じ続ける

芸能 | 神奈川新聞 | 2020年9月18日(金) 18:47

 25日からTOHOシネマズららぽーと横浜などで上映。

 英国の国民的ロックバンド「オアシス」のボーカルだったリアム・ギャラガー=写真=が2009年のバンド解散後、シンガーとして復活を遂げるまでの10年間を追った音楽ドキュメンタリー。リアム本人のインタビューだけでなく、バンドのメンバーや家族らの言葉から、彼の素顔が見えてくる。

 バンド解散後、新しいバンド「ビーディ・アイ」を結成したリアムだったが軌道に乗らず、自然消滅。離婚訴訟問題も勃発し、精神的にどん底まで追い込まれる。

 自暴自棄になり、音楽から距離を置いて過ごしていたリアムだが、アイルランドのとあるパブでギターを手にしたことをきっかけに再び音楽と向き合い始める。自作の曲を書きため、17年にソロデビュー。発表したアルバム「アズ・ユー・ワー」は大ヒットを記録し、多くの若者の共感も呼んだ。

 関係者に新曲を披露し「どう思う?」と自信なさげに問い掛け、10代の少年たちの握手にも温かく応えるリアム。記者
に暴言を吐き、悪態をついていたオアシス時代の姿はそこにはない。

 同年、英国マンチェスターのコンサート会場で起こった自爆テロの直後、彼は「俺は音楽活動を諦めない。音楽にはみんなを一つにして励ます力がある」と自分に言い聞かせるように話す。音楽の力を信じ続けたロックンロール・スターの言葉と歌声は、われわれの心を奮い立たせる。

監督/ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
製作/英国、1時間29分

映画に関するその他のニュース

芸能に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング