1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. いつも通りは素晴らしい

木もれ日 関取花
いつも通りは素晴らしい

文化 | 神奈川新聞 | 2020年4月10日(金) 18:11


 【2020年3月22日紙面掲載】
※シンガー・ソングライター

 近所にお気に入りの定食屋がある。

 そこはいわゆる“昔ながらの”という言葉が似合う店で、黒くなった食品サンプル、ボロボロの店舗テント、レジの前に並んだ指人形、どれもがいい味を醸し出している。

 従業員はおばあさんと息子さんの2人だけで、料理が出てくるのも遅い。出来上がったものはおばあさんが運んできてくれるのだが、足腰が悪いのかそれもなかなか時間がかかる。にもかかわらず、昼時はいつも近くで働いているお客さんでいっぱいだ。

 どのメニューもチェーン店などでは決して味わえない素朴な美味(おい)しさがあって、一口食べただけでなんだかホッとしてしまう。忙しい毎日にこそ通いたくなるのも納得だ。なかでも私が一番好きなのはカレーライスである。

 ステンレスの皿にこんもりと盛られた白いご飯の上には、真っ赤な福神漬けとやや粉っぽいポークカレー。母が市販のルーを使わずに一生懸命作ってくれた時のカレーのような、小学校の頃食べていた給食のカレーのような、絶妙な懐かしさと温かさがあって、時々無性に食べたくなるのだ。

 しかし、今年に入ってからはシャッターが下りていることが多く、全然通えていなかった。それでもめげずに足を運んだら、先日久しぶりに店に入ることができた。

 おばあさんに話を聞くと、冬の寒さやら最近のニュースやらでどうも気が滅入(めい)っていたらしく、ほとんど店を開けていなかったらしい。でも家にずっといたら余計に元気がなくなっていったので、これからは前と同じく週に4日は開けるつもりとのことだった。

 久しぶりに食べたカレーライスは相変わらず出てくるのも遅かったが、やっぱりなんとも言えない美味しさがあった。この変わらない良さと安心感は、何ものにも代え難い。やっぱり、いつも通りって素晴らしい。

 世の中もあれこれ早く落ち着いて、いつも通りの穏やかな春が来ればいいなと思う。

関取花に関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング