1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 「模型少年」の情熱 特殊美術デザイナー・長沼孝さん

風と炎の記憶 神奈川特撮人
「模型少年」の情熱 特殊美術デザイナー・長沼孝さん

文化 | 神奈川新聞 | 2022年11月27日(日) 10:12

特撮の歴史を伝える自身の著書「東宝特殊美術部外伝」を手に、特殊美術課の思い出を語った長沼孝さん=川崎市川崎区の神奈川新聞社川崎支局

 特撮映画に登場する架空の「超兵器」をデザイン、精密な模型を仕上げる特殊美術デザイナー長沼孝(75)は横浜市南区で育った。少年時代から糸巻きとゴムで戦車を作るなど「模型少年」だった。

 「そこらへんの材料をおもちゃにした。『使えないか』『やってみよう』。みんな貧乏で、図面を描いて作った」。子どもたちは工夫し、竹ひご、ゴムの飛行機を飛ばし、かまぼこ板で軍艦を作った。

 小学生の時、初めて見た映画は1作目の「ゴジラ」(1954年)。映画に興味がなく、特撮も知らなかったが、東京を破壊するゴジラに驚き、圧倒された。「すごい。本当にいるのか」。劇場を出て夜の横浜を見回し、ゴジラの姿を探した。映画の仕事を志したきっかけは「地球防衛軍」(57年)。敵ロボット・モゲラなどメカに魅了された。「目を輝かせて『こんなの作って仕事になるのか』って思った」

スタジオ全焼

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

映画に関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング