1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 企画展「アンティークドール×現代創作人形」

【ミュージアム・ナビ】横浜人形の家
企画展「アンティークドール×現代創作人形」

文化 | 神奈川新聞 | 2021年9月24日(金) 13:44

恋月姫の新作、左から「夜の花園」「夢のかたち」

【2021年9月24日紙面掲載】

 現代創作人形作家18人が一堂に会し、横浜人形の家が収蔵する陶製ビスクドール、布製レンチドール、自動で動くオートマタ人形などといったアンティークドールからインスピレーションを得て、制作した新作を中心に紹介。90点以上が並ぶ。

 陶製で球体関節を持ち、ドレスなどを着た人形、ビスクドールは約150年前に欧州で広まった。

 日本における創作ビスクドールの第一人者として知られる三輪輝子をはじめ、幻想的な創作ドールを制作する恋月姫、人形制作集団「月光社」ら各作家の新作を多数展示する。

 作家それぞれが創作した「オマージュ作品」は、人形の表情はもちろん、衣装やしぐさなど細部にわたって、伝統的な人形に敬意を払って制作した様子がうかがえる。展示作品の多くは抽選販売も行う。

 ※10月10日まで。月曜休み。観覧料900円、小中学生450円(いずれも入館料込み)、未就学児無料。みなとみらい線元町・中華街駅徒歩3分。問い合わせは横浜人形の家、電話045(671)9361。

ミュージアム・ナビに関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング