1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 戦前の川崎で起きた「煙突男事件」 来年5月、市民劇上演

戦前の川崎で起きた「煙突男事件」 来年5月、市民劇上演

文化 | 神奈川新聞 | 2021年9月16日(木) 13:00

 戦前の川崎で工員の待遇改善を求めて煙突に登り、6日間居座った「煙突男事件」の演劇が来年5月に上演される。

 川崎の歴史や人物をテーマに市民らが演じる「川崎郷土・市民劇」の第8弾。実行委員会は25人程度の出演者を募集している。

 劇は文化・演劇関係者でつくる実行委が2006年から2、3年おきに上演している。

 今回は1930年、多数の解雇者を出した工場に抗議し、男が女性工員の待遇改善を求めて煙突に登った話を選んだ。

未経験者も歓迎

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

市民劇に関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング