1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 東電側から研究費1千万円超

東電側から研究費1千万円超

文化 | 共同通信 | 2021年8月20日(金) 19:58

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市など)の安全性を議論する新潟県技術委員会の委員2人が東電などから研究費を受け取っていたことが20日、県への取材で分かった。東北大大学院の高橋信教授が834万円(2019〜20年度)、東京工業大の小原徹教授は400万円(20年度)を支払われたり、大学を通じて配分を受けたりした。

 県は「研究内容は柏崎刈羽原発の安全性に関する内容と異なり、金銭の授受は個人的なものではない」と強調し「問題があるとは言えない」としている。2人とも4月に委員として県が選任。委員には会議時間に応じ報酬が支払われている。

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング