1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 最高賞に堀、小林さん 道の作文コンクール

最高賞に堀、小林さん 道の作文コンクール

文化 | 神奈川新聞 | 2021年3月21日(日) 10:00

 県内の小・中学生に「高速道路や道について思ったこと、考えたこと」を自由に書いてもらう「道の作文コンクール2020」(神奈川新聞社主催)の入賞作品77点が決まった。最高賞の県知事賞には堀未依菜さん(横浜市立茅ケ崎東小4年)の「すすきの道」と、小林千優さん(聖和学院中2年)の「時代を映す鏡」が選ばれた。

 17回目の今回は作家の落合恵子さんが審査委員長を、ジャーナリストの井出隆雄さんらが審査員を務め、小学生265点、中学生211点の中から選んだ。多数の作品を寄せた横浜市立茅ケ崎東小学校には学校賞が贈られた。

県知事賞以外の受賞者は以下の通り(敬称略)。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

作文に関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング