1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 文化
  5. 西洋の木版画 500年の物語

【ミュージアム・ナビ】町田市立国際版画美術館
西洋の木版画 500年の物語

文化 | 神奈川新聞 | 2020年11月6日(金) 12:29

リチャード・ドイル「妖精の国で」から(1870年刊)

【2020年11月6日紙面掲載】

 15世紀から現代までの木版画120点を紹介し、初期の素朴な表現から、現代美術としての斬新な取り組みまで、木版画の魅力を存分に伝えている。

 欧州で木版画が作られるようになったのは1400年ごろ。15世紀半ばにグーテンベルクが活版印刷を発明すると大量の書物が出版され、木版画は挿絵に広く用いられた。

 18世紀末には、堅い木材を横に切った切断面の木口(こぐち)に鋭い刃先で細密な線を彫り込む「木口木版」が発明され、画家の繊細な原画を優れた彫り職人が再現。リチャード・ドイルの水彩画を、エドマンド・エバンスが彫った「妖精の国で」は、12枚もの色版を刷り重ね、美しい書籍として人気を集めた。

 19世紀の画家たちは浮世絵に影響を受け、芸術表現の一手段として着目。ポール・ゴーギャンが手掛けたモノクロの作品には、力強さが感じられる。

 ※23日まで。9、16日休館。一般800円ほか。町田駅徒歩15分。問い合わせは同館、電話042(726)2771。

版画に関するその他のニュース

文化に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

カルチャーに関するその他のニュース

アクセスランキング