1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. かまぼこで地域振興を 鈴廣蒲鉾本店会長・鈴木智惠子さん

輝く航跡 神奈川文化賞(4)
かまぼこで地域振興を 鈴廣蒲鉾本店会長・鈴木智惠子さん

カルチャー | 神奈川新聞 | 2020年10月24日(土) 05:00

鈴木智惠子さん

 小田原蒲鉾(かまぼこ)の老舗「鈴廣(すずひろ)」。グループの管理本部「鈴廣蒲鉾本店」の取締役会長としてグループを率いる。

 「小田原蒲鉾は例えれば、小股が切れ上がった、艶やかで粋な美人。そんな伝統的な食品にいただいた賞だと思っています」

 幕末にかまぼこ製造を始めた鈴木家の長女として、父・廣吉(ひろきち)が創立した株式会社鈴廣蒲鉾店に入社。夫と共に製造の近代化に取り組んだ。夫の死後は跡を継いで社長に就任。製造体験や歴史を学べる「かまぼこ博物館」、小田原の四季折々の食材や箱根ビールが楽しめるレストラン「えれんなごっそ」などがある「かまぼこの里」づくりを手掛けてきた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

神奈川文化賞・スポーツ賞に関するその他のニュース

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング