1. ホーム
  2. ニュース
  3. カルチャー
  4. 「のぞみ12本ダイヤ」始動

「のぞみ12本ダイヤ」始動

カルチャー | 共同通信 | 2020年8月7日(金) 10:03

 JR東京駅に停車する車両。「のぞみ12本ダイヤ」が初めて運用された=7日午前

 東海道新幹線で7日、「のぞみ12本ダイヤ」が初めて運用された。東京―新大阪間の片道で、停車駅の少ない「のぞみ」が1時間に運行する本数が、これまでの最大10本から12本に拡大。今年3月のダイヤ改正で全車両の最高速度が285キロに統一されて増発が可能になっていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で先送りしていた。

 JR東海によると、7日は午前9時台と、午後5〜7時台に実施。8月はお盆休みを中心に計10日間、9月は金曜や連休の計7日間を予定している。例年より利用客が大きく減っている現状でも、夏休み時期などの朝や夕方には需要があると判断した。

こちらもおすすめ

カルチャーに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング