1. かながわ音楽コンクール
  2. スタッフブログ
  3. 締め切りまであと1週間!

締め切りまであと1週間!2020年1月27日

皆さん、こんにちは。
約20日ぶりのブログ更新です。この時期はあまりお知らせすることがないのですが、今週がユースピアノ部門の郵便局締め切りとなるので、やっと多少の動きを含めて重い筆を運ぶことにしました。

まず皆さんが気になる各会場の動きですが、ユースピアノ部門では会場数が減ったこともあり、例年のような極端な申し込み数の差は出ていません。ただ、毎回人気の二宮町ラディアン(Aブロック・3月26日木曜日)と3月28日(土)の神奈川区民文化センター「かなっくホール」がまもなく定員に達する見込みです。まだ申し込みを済ませていない人で、どうしてもこの2つの会場でなくては、と考えている人は早めに申し込みを済ませてください。あとの8会場はだいたい同じくらいの人数で申し込まれていますが、年代別に見ると会場によっては傾向が出ているところもあります。気になる人は3月中旬に掲載予定の「会場別参加者氏名掲載」の特集でご確認ください。

ヴァイオリン、フルートは会場というよりは、日程が2日目のほうに人気が集まるのは毎回の傾向です。ヴァイオリンは今回、磯子区民文化センター「杉田劇場」と緑区民文化センター「みどりアートパーク」を入れ替えましたが、アートパークの方が現時点では参加者数が多くなっています。両方とも会場の環境に差がない良いホールです。横浜の“南北”という位置を意識してこの2会場を使用してますので、お住まいから便利なほうを選ばれるのも良いですし、「前は杉田だったから今回はみどりで」とこの機会に経験されるのも良いかなと思います。
フルートは初めての戸塚区民文化センター「さくらプラザ」です。以前から使用してみたかった会場だったので、今回タイミングに恵まれました。使用してみて良かったらまた検討してみたいと思います。

今36回では上記の「さくらプラザ」の他にユースピアノ部門第1次予選で「多摩市民館」を初めて使用します。川崎のホールに詳しい人からお薦めされました。この他使用してみたい会場があと2つほどあります。次回以降、考えてみたいと思います。
あとはこの3年以内に新しく出来るホールの情報が数件あります。場所も手薄で絶好なエリアなので、完成した際には是非検討してみたいです。
一流の都市を標榜するのであれば、この様な文化施設を持ち、市民レベルにきちんと開放して欲しいものです。今、話題の●Rよりも大事だろうと個人的には思いますが。 (tsuka)


戸塚区民文化センターのホール(パンフレットから)


多摩市民館の内観


多摩市民館外観。戸塚も多摩もそれぞれの区役所内にあります。