1. かながわ音楽コンクール
  2. スタッフブログ
  3. 山手の魅力を堪能してください

山手の魅力を堪能してください2019年7月26日

ベーリック・ホール

皆さん、こんにちは。
ようやく真夏の太陽がギラギラと照りつけ、これで梅雨明け! と思っていましたが、まだみたいですね。週末には台風が接近とか。まだ雨とはお別れできそうにもありませんが、明けたら明けたで、うだる猛暑を恨みながら「梅雨の頃がまだ良かった」なんて勝手なことを思ったりしますが。

8月は一連の入賞者記念コンサートがスタートする時期です。間近に迫っているのが8月3日の山手西洋館でのサロンコンサートです。会場はベーリック・ホール。西洋館の中で一番ゆったりと聴ける会場かもしれません。出演されるのはいずれもユースピアノ部門の本選進出者で審査員から高い評価を受けた清水楓花さん、森永冬香さん、美里芽玖さん、森田夏華さんの4名で14時30分開演です。
このエリアにある7つの洋館を「横浜市緑の協会」という団体が管理しています(緑の協会はズーラシアなどの横浜市内の動物園、植物園も手がけています)。7つの館の中で今回のべーリック・ホールと港の見える丘公園そばの横浜イギリス館の2館はグランドピアノがあり60人が収容できるホールなので、積極的にサロンコンサートで利用させていただいています。
また、ベーリック・ホールのそばにあるエリスマン邸とJR石川町駅付近のブラフ18番館は30人定員、アップライトピアノなのでヴァイオリンとフルートの入賞者を対象にしたコンサートを行っています。ブラフ18番館のピアノは「松本ピアノ」という100年前の純国産製で今やアンティークの域になっています。ピアニストの人にとって、このピアノが弾けることはとても貴重な機会だと思います。

私もサロンコンサートの告知をする毎に、このエリアの素晴らしさをこのブログでも書いています。高台の閑静な住宅街の中にあって横浜らしいエキゾチックな雰囲気が漂うこの一帯には、仕事にかこつけて精神の浄化を求めてよく足を運びます。趣味が古い町並みを探訪することもあって、このエリアにずーっと居ても飽きない懐の深さがあります。古い建物が醸し出す趣ある町並みや高台から臨む海やみなとみらいの遠景は他では得がたいものがあります。
ただ、ある館長さんが「このエリアを訪れる人の多くが60歳以上の方です。もっと若い人に来て欲しいです。横浜市内の人でも山手のことを知らない人が結構いらっしゃるので、まだまだ私たちの告知不足です」と言っていました。
これはとても残念なことですが、西洋館があるこの一帯は風致地区で住宅街であるため、商業施設の進出がどうしても制限されてしまい、食事やカフェなどの数が観光客数に対して不足しています。観光の途中で、すぐ下にある町商店街に食事等のため降りてしまったら、また上がって行くのは大変なので(結構な急坂!)、ついつい足が遠退いてしまうのでしょう。エリスマン邸にあった名物プリンを出すカフェも移転してしまいました。しかし、土産物店や賑やかな食事処が増えることで今の静寂が失われることを誰も望んでいないはずです。私たちが行う「サロンコンサート」がこの山手地区に相応しい催しとして、若い人や横浜市外の人たちに山手地区の素晴らしさを知ってもらうきっかけになる様に微力ながら貢献したいと思っています。

山手西洋館エリアは、みなとみらい線「元町中華街」駅を降りて、横浜市イギリス館・山手111番館がある港の見える丘公園エリアをスタートして、山手234番館・エリスマン邸・ベーリック・ホールがある元町公園エリアを経由して外交官の家とブラフ18番館がある石川町エリアをゴールにゆったりと巡ると約2、3時間くらいでしょうか(もちろん逆からのスタートもありです)。見学後はこのエリアを降りて元町でショッピング、中華街で食事をして帰られると横浜の「オールドタウン」を充分堪能できますよ。

ピアノを弾く人にお知らせがあります。ベーリック・ホールでは平日、ホールのピアノでボランティア演奏を行っています。誰でも登録できるので、この雰囲気で弾いてみたいと思う人は登録されては如何でしょうか。
また、長津田の「みどりアートパーク」ではホールでグランドピアノを弾く催しを行っています。夏休み特別企画として18歳以下限定で、8月23日(クリスタルコンサート当日!)の9時30分~10時30分1時間1,000円です。ピアノは神奈川県に4カ所しかないCFXです。この機種を本番以外に弾ける機会を他のホールでは恐らく設けていないと思います。
希望者はアートパークまで。℡.045-986-2441(9:00~21:00)。
それでは皆さん、ベーリック・ホールでお待ちしています。(tsuka)


イギリス館

高台から見えるベイブリッジと海