1. かながわ音楽コンクール
  2. スタッフブログ
  3. みどりワンコインコンサートに入賞者が大勢出演します

みどりワンコインコンサートに入賞者が大勢出演します2019年7月3日

皆さん、こんにちは。
梅雨が本格的になり、毎日雨模様の日が続いています。湿度に加え気温も高くなり始めていますね。体調を崩しがちになっていませんか?

ピアノを弾いている人はピティナの地区予選まっただ中ですね。ホームページで通過者のお名前をチェックしていると、「かなコン」でお馴染みの人を大勢見かけます。先日も近所の会場に出向いたら数名の方とお会いでき、皆さん、無事に地区予選を突破されていましたので、ホッとしています。今月は週末に休みが取れるので、来年の「かなコン」の会場の手続きを兼ねて、県内のホールに顔を出して拝聴しようかと思っています。

何度もブログで書いていますが、この時期は「入賞記念コンサート」の出演者の皆さんに連絡を取って、どのコンサートにご出演いただくかを詰めている最中です。順次進めていますが、今のところ8月に行う「べーリックホール・サマーコンサート」(3日)、「みどりアートパーク・ワンコインコンサート」(22日、28日)、クリスタルコンサート(23日)と10月のトップコンサート(6日)、交流の響き(19日)の出演者と曲目を固めているところです。今の時点で連絡が来ていない入賞者の方には12月以降のコンサート(音楽のプレゼント、イギリス館サロンコンサート、山手芸術祭、フレッシュコンサート等)でのご出演を検討しますので、もう少しお待ちくださいね。

さて今回は初めての参加となります「みどりアートパーク・ワンコインコンサート」についてご案内します。田園都市線・横浜線の「長津田駅」からすぐにある「緑区民文化センター・みどりアートパーク」は今年から神奈川新聞社が指定管理者として運営に携わっています(他にtvkと横浜市芸術文化振興財団)。この区民文化センターは戸塚にある「さくらプラザ」と並んで横浜市の区民文化センターの中では最も新しく、「かなコン」では3年前からユースピアノ部門とヴァイオリン部門で使用しています。立地条件と音響が良い会場で人気があります。ピアノはヤマハのCFXで、このピアノは県内に4カ所しかない最新鋭のグランドピアノです。ここで月1回程度入場料500円と格安で行う1時間程度のコンサートが「ワンコインコンサート」で近所の常連さんを中心に毎回大勢のお客さんが来場する名物イベントになっています。今回は館のご好意で8月の夏休み期間に2週に渡って「かなコン」の入賞者によるコンサートを行っていただけることになりました。

ここ数年、夏の定番コンサートでした「クリスタルコンサート」を2部制にし、ユースピアノとヴァイオリンの幼児の部入賞者に出演いただくことで、中学生以上を山手西洋館で行うサロンコンサートにシフトしました。それでもフローしてしまうため、一度クリスタルに出た人やもっと長い演奏ができる人の受け皿となるコンサートを探していたところ、この「ワンコインコンサート」のことを知り、知り合いのスタッフにお願いをして実現しました。
出演者は以下のとおりです。
22日(木)前田早紀さん(VLN)、綾部太郎さん(P)、村上駿弥さん(P)、渡部勇一さん(VLN)、渡辺俊爾さん(P)
28日(水)浮島一歌さん(P)、河合諒太郎さん(P)、寺下凜さん(P)、雨川祥希さん(P)、山根由大さん(VLN)、西村真生子さん(P)
両日とも15;30開場、16:00開演で約1時間を予定しています。お客さんもクラシック通という感じではないので、出演者の皆さんには根を詰める気持ちよりはお客さんと一緒に楽しんで演奏して欲しいなと思います。もし出演者にもお客さんにもアートパークにも好評だったら冬休みも検討したいです。

皆さんお待ちかねの「入賞者特集」紙面ですが7月18日(木)を予定しています(参議院選挙間近なので、変更する可能性もあります。その際は申し訳ありませんがご了承ください)。そこで各コンサートの詳細をお知らせします。また、ユースピアノ、ヴァイオリン、ピアノ各部門の本選の様子や審査員の総評も掲載する予定ですので、お楽しみに。(tsuka)