1. かながわ音楽コンクール
  2. スタッフブログ
  3. 入賞記念コンサートが始まりました

入賞記念コンサートが始まりました2018年8月13日

 皆さん、残暑お見舞い申し上げます。まだまだ暑い日が続いていますが、いかがお過ごしですか?お盆時期で帰省されている人、部活の合宿や宿題などで忙しい人、そしてコンクール真っ最中の人など様々かと思います。

 私も他のコンクールやコンサートなどを数カ所拝聴していました。かなコンに出場されていた人が弾いていると、ついつい応援して聴き入ってしまいます。自分たちが主催するコンクールでは、ホール外のことが忙しくてなかなかじっくり聴くことができないので、とても良い機会です。「かなコン」で使っている会場だったら、なおのこと臨場感を伴って聴いてしまいます。ピティナの地区本選では贔屓目かもしれませんが、みんな他の人より上手ですよ!なのに、ファイナルステージに進めないなんて。

 8月に入り、これから入賞記念コンサートが続きます。11日に山手西洋館のエリスマン邸でサマーコンサートを行い、ヴァイオリン部門一般の部第2位の木ノ村茉衣さんとフルート部門一般の部第3位の丁仁愛さんにご出演いただきました。当日は相変わらずの猛暑で、カフェの名物であるプリンを求めて大勢の観光客が長蛇の列を成していましたが、館の皆さんの計らいでコンサートには支障が出ることもなく、用意された観客用の50席も満員となりました。

 リハーサル中に木ノ村さんが会場の響きについて「音楽ホールのような強い残響ではなく音の返りが自然で、弾いていて心地よいですね」と言っていました。エリスマン邸は木材がふんだんに使われていて窓も大きいので遮音性が高くない反面、音がきれいに吸収されるのでしょうか。会場の素敵な雰囲気も木ノ村さんと丁さんのおふたりに合っていました。山手西洋館のサロンコンサートはあと4回予定していますので、ご興味のある人はぜひご来館ください。

 そして24日にはみなとみらいホールで入賞者28人による「クリスタルコンサート」が開催されます。今年で19回目となるこのコンサートは以前、小学生から大校生まで幅広い年齢層の人にご出演いただいていました。しかし数年前に幼児の部ができて、幼児の入賞者の「晴れの舞台」を設けようと2部制に変更しました。そのかわり中学生以上の人には山手西洋館を中心とした別のコンサートを用意したことは既にこのブログでも書きましたが、最近ではピアノもヴァイオリンも小学生の受賞者が多くなりクリスタルコンサートの枠でも収まり切れなくなっているのが悩みの種となっています。そろそろ対策を考えなければいけないですね。

 15時30分から幼児の部がスタートし、休憩をはさんで小学生の部が17時から開演します。終演予定は18時40分です。ピティナの地区本選に出場し見事に決勝大会に進出された人、残念ながら決勝出場が叶わなかった人、そして1週間後の学生音コンに出場される人など、皆さんいろいろかと思います。そんな中でもリラックスして、残り少ない夏休みのひとときを楽しんでいただければ幸いです。

 それでは皆さん、コンサート会場でお会いしましょう!(tsuka)