1. ホーム
  2. 阿刀田高さんの蔵書や初版本並ぶ、逗子市立図書館で企画展/神奈川

阿刀田高さんの蔵書や初版本並ぶ、逗子市立図書館で企画展/神奈川

神奈川新聞 | 2011年4月15日(金) 16:37

阿刀田高さんの著作を集めた企画展=逗子市立図書館1階
阿刀田高さんの著作を集めた企画展=逗子市立図書館1階

逗子市立図書館で企画展「作家・阿刀田高の世界」が始まった。5月12日は阿刀田さんが「読書の楽しみ」をテーマに同図書館に隣接する逗子文化プラザで講演する。定員は先着500人。入場無料。

企画展の会場は1階カウンター横と2階。1階には同図書館の蔵書約150冊、2階は初版本を中心とする約100冊が展示されている。

日本推理作家協会賞を受賞した「来訪者」、直木賞に輝いた短編集「ナポレオン狂」、吉川英治文学賞を受賞した「新トロイア物語」など、阿刀田さんの大半の著書を見ることができる。5月13日まで。

講演会は5月12日午後2時から。直木賞選考委員で、日本ペンクラブ会長を務める阿刀田さんが、読書の魅力や読書習慣の大切さなどについて語る。

受講には同図書館や文化プラザなどで配布中の整理券が必要。往復はがきで申し込む場合は、〒249―0006、逗子市逗子4の2の10、逗子市立図書館「阿刀田高講演会」宛てに郵送する。1通5人まで。4月30日必着。問い合わせは同図書館電話046(871)5998。

【】

文学賞に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング