1. ホーム
  2. 食品異物混入 予防対策学ぶ 横浜でセミナー

食品異物混入 予防対策学ぶ 横浜でセミナー

神奈川新聞 | 2015年2月9日(月) 03:00

昨年から相次ぐ食品の異物混入問題への関心の高まりを受け、業種別に対策を学ぶセミナーが2~3月、横浜市内で開かれる。業務用洗浄剤製造のシーバイエス(同市中区)の企画。

「食品加工場」「外食・スーパー」向けに2コースを設け、予防対策の事例紹介や最近の混入例、混入を招きやすくする環境について情報提供する。

講師は、社内組織・フードセーフティ研究所のコンサルタントが務める。同社は食品衛生の助言にも力を入れており、「異物混入が発生すれば事業が止まるだけでなく、社のイメージを損なうリスクが生じる。積極的な対応を考えてほしい」と来場を呼び掛ける。

会場は同社本社。食品加工場向けが3月13日。外食・スーパー向けが2月10日、3月10日。各回午後2~4時で定員50人。費用は2千円(税別)。問い合わせ、申し込みは同社電話045(640)2270。

【神奈川新聞】

異物混入に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング