1. ホーム
  2. J3初年度は最下位 YSCCが「感謝の集い」

J3初年度は最下位 YSCCが「感謝の集い」

神奈川新聞 | 2014年11月28日(金) 03:00

集まった関係者に今後のサポートを求めたYSCCの有馬監督=横浜市中区内
集まった関係者に今後のサポートを求めたYSCCの有馬監督=横浜市中区内

J3YSCCは27日、横浜市中区内で「シーズン感謝の集い」を開き、集まったスポンサーら関係者約200人にJ3初年度の戦いぶりなどを報告した。

今季の成績は4勝12分け17敗の勝ち点24で、12チーム中で最下位に終わった。来季の続投要請を受けている有馬賢二監督(42)は「選手たちは練習から手を抜かず、戦い抜いてくれた。今後のさらなる支援をお願いします」と頭を下げた。

1986年のチーム発足から一歩ずつ段階を踏み、ついにJリーグへと舞台を移した。大きな変化のあった今シーズンを振り返り、吉野次郎理事長(49)は「28年間、コツコツと積み上げてきたものが成果として出た。今年の経験を糧に選手、スタッフ、一同で頑張っていきたい」とあいさつした。

チーム最多の10得点を挙げた主将のMF吉田明生(27)は「より多くの方に『楽しかった、興奮した』と言われる試合ができるように努力していきたい」と来シーズンの飛躍を誓った。

【神奈川新聞】

有馬賢二(サッカー)に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング