1. ホーム
  2. 鉄道コラム前照灯(196) 興浜北線の9600

鉄道コラム前照灯(196) 興浜北線の9600

神奈川新聞 | 2014年7月18日(金) 12:00

たった2両の貨物を引いてオホーツク海沿いを走る9600型蒸気機関車=1972年12月23日、興浜北線・斜内―目梨泊
たった2両の貨物を引いてオホーツク海沿いを走る9600型蒸気機関車=1972年12月23日、興浜北線・斜内―目梨泊

9600型蒸気機関車が引く貨物列車は、オホーツク海を望み大きな弧を描いた。背後に北見神威岬の雪山が迫る。興浜北線の斜内で降り南隣の目梨泊方向へ歩いた。列車はスローモーションのように近づいてきた。寂寥感ある景観、到着難易度も高い。鉄道ファンには「最果て中の最果て」であった

▼宗谷本線の音威子府から天北線で起点の浜頓別へ。興浜北線は北見枝幸まで30・4キロを南下する盲腸線で、1985年7月に廃止された。蒸気機関車が走ったのは75年5月まで。その2年半ほど前の72年12月23日に訪れた。たどり着くのが大変で1日1本しか狙えなかった

▼雪晴れの独特の景観をいまも鮮明に覚えている。ただ海風は冷たかった。2月は流氷で埋め尽くされる海なのだ。列車を待つ間、寒さしのぎに撮影場所の斜面で「けつ滑り」(地元方言)をした。タオルを敷物にしたそり遊びである

▼雪まみれになったが暖をとれた。やがて現れたのは2両の貨物である。力持ちの9600には物足りない。国鉄時代は、こんな辺地にも蒸気機関車が走っていた。写真を残せてよかった

▼大赤字だった興浜北線、天北線はその後、廃止された。一時期「オホーツク縦貫線」の計画もあった地域だが、いま時刻表の地図には影も形もない。鉄道のない過疎地で、特筆すべき観光地も見当たらない。再訪したいが、いまだきっかけがない。(O)

【神奈川新聞】

前照灯に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング