1. ホーム
  2. ホームステイ協力を、綾瀬でアジア若者が今夏演奏会

ホームステイ協力を、綾瀬でアジア若者が今夏演奏会

神奈川新聞 | 2014年4月3日(木) 03:00

ホストファミリーへ参加を呼び掛ける内村さん(左)と諏訪さん=綾瀬市役所
ホストファミリーへ参加を呼び掛ける内村さん(左)と諏訪さん=綾瀬市役所

アジアの10の国と地域から青少年110人が参加するアジアユースオーケストラ(AYO)の演奏会が8月、綾瀬市で開かれる。団員は2泊3日の滞在中、一般家庭にホームステイし、市民と交流を深める。実行委員会はホストファミリーを募集している。

AYOは国籍や宗教、言語が違う若者が一つのオーケストラをつくることで、相互理解を深め、世界平和に貢献しようという取り組み。香港の財団の主催で1987年に始まり、日本や中国、台湾、ベトナム、韓国など10の国と地域の17歳から27歳までの高校生や大学生、若手演奏家が参加する。

各地のオーディションを通過した団員は、7月に香港で1カ月にわたる練習を行い、8月9日の上海公演を皮切りに、8月30日の東京公演まで日本のほか中国、香港、台湾で16公演をこなす。

綾瀬公演は8月28日、綾瀬市文化会館(同市深谷)で開催。市内では1999、2002年に続き3回目。市内の音楽や国際交流、青年会議所などの関係者が実行委を設立し、準備を進めている。

ホームステイは27日から29日までの2泊3日。ホストファミリーは団員2人を受け入れ、公演を鑑賞できる。綾瀬公演実行委員長であやせ音楽家協会長の内村由生子さん(62)は「受け入れた団員がステージで演奏する姿を見るのは格別」と話す。あやせホームステイの会の諏訪真澄代表(78)は「語学力よりも歓迎する気持ちが大切」と協力を呼び掛ける。

ホストファミリーは綾瀬市のほか近隣市町が対象。5月9、10の両日、綾瀬市内で説明会を開く。問い合わせは同実行委電話090(2531)7944。

【神奈川新聞】

国際交流に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング