1. ホーム
  2. 歌人・前田夕暮の功績たどる 生誕130年で記念講演会/秦野

歌人・前田夕暮の功績たどる 生誕130年で記念講演会/秦野

神奈川新聞 | 2013年12月22日(日) 00:05

秦野出身の歌人・前田夕暮(ゆうぐれ)(1883~1951年)の生誕130年を記念した講演会「夕暮と白秋~響きあう魂~」が21日、秦野市文化会館(同市平沢)で開かれた。市教育委員会の主催で、約60人が参加した。

現代歌人協会会員で雑誌「短歌人」編集委員の渡英子さんが講師を務め、夕暮と北原白秋との交流や、近代短歌の歴史に及ぼした影響などを語った。

1923年、白秋が小田原駅で乗り込んだ車内で夕暮と偶然再会。そのまま三浦半島に出掛け、3泊4日にわたって文学を語り合った。これをきっかけに親交が深まり、雑誌「日光」の創刊につながったという。

渡さんは夕暮が詠んだ歌や回想録などを紹介しながら「夕暮の魅力を引き出したのは白秋ともいえるのでは」と言及。さらに「夕暮は思い立ったらすぐに新しいものに取り組む性格。今の私たちに参考になるところも多い。作品にも多く接してほしい」と呼び掛けた。

【】

北原白秋に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング