1. ホーム
  2. 下水汚泥でバイオ発電 綾瀬市、温暖化防止へ計画見直し

下水汚泥でバイオ発電 綾瀬市、温暖化防止へ計画見直し

神奈川新聞 | 2020年1月25日(土) 05:00

ブルーシートが敷かれた付近がバイオガス発電の事業予定地=綾瀬市浄水管理センター 綾瀬市は、下水汚泥を発酵させて出るメタンガスを燃料にした、環境配慮型のバイオガス発電事業に乗り出す方針を決めた。費用面から凍結していた、汚泥焼却炉の建設計画を変更。国の認可を得た上で、2024年度からの…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

予算案に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング