他にはない神奈川のニュースを!神奈川新聞 カナロコ

  1. ホーム
  2. 川崎市文化賞に東京理科大学学長・藤嶋昭さんと脚本家・白鳥あかねさん、特別賞は東芝野球部

川崎市文化賞に東京理科大学学長・藤嶋昭さんと脚本家・白鳥あかねさん、特別賞は東芝野球部

神奈川新聞 | 2010年9月25日(土) 11:14

川崎市は2010年度の市文化賞などについて、8人1団体の受賞者を発表した。市の文化の向上・発展に貢献したとして、文化賞に東京理科大学学長の藤嶋昭さん(68)、脚本家の白鳥あかねさん(78)の2人、スポーツ特別賞に社会人野球の都市対抗大会を制した東芝野球部が選ばれた。授賞式は11月16日、市国際交流センター(中原区)で行われる。

各賞の内訳は文化賞2人、社会功労賞3人、スポーツ賞1人、アゼリア輝賞2人、スポーツ特別賞1団体。1972年からの受賞者は計240人、53団体。

藤嶋さんは、環境技術への応用が進む「光触媒」を発見。市教育委員や神奈川科学技術アカデミー理事長などを歴任し、現在は市科学教育アドバイザーを務めるなど科学教育の普及・充実に貢献している。白鳥さんは、映画の制作プロセスを管理するスクリプターとして活躍。日本映画学校(麻生区)の講師として後進の指導や「KAWASAKIしんゆり映画祭」実行委員長などを歴任、映画界の発展に寄与した。

社会功労賞には、1975年に高津区内に全国初の心身障害者多数雇用モデル工場を開設するなど障害者雇用や地域経済活性化に貢献した日本理化学工業会長の大山泰弘さん(78)、休日・夜間の救急診療体制や小児救急医療対策の整備に貢献した医師の太田正治さん(75)、日本最初の甘柿とされる禅寺丸柿について保存会の設立やワインの開発などを通じて認知・普及に努めた農業の中山茂さん(74)が選ばれた。

スポーツ賞には青少年の健全育成に努めた市柔道協会名誉会長の車耕作さん(72)、今後の活躍が期待される若手に贈られるアゼリア輝賞には和太鼓演奏家の小林政高さん(44)と声楽家の光岡暁恵さん(35)が選ばれた。

【】

 
 
 

藤嶋昭(化学者、東京理科大学)に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング