1. ホーム
  2. 半世紀ぶりの「神輿渡業」復活…保存会の情熱実る/小田原・菅原神社

半世紀ぶりの「神輿渡業」復活…保存会の情熱実る/小田原・菅原神社

神奈川新聞 | 2010年4月29日(木) 22:50

50数年ぶりに菅原神社から担ぎ出される神輿
50数年ぶりに菅原神社から担ぎ出される神輿

五十数年ぶりの威風堂々―。小田原市国府津の菅原神社(近藤光孝宮司)で29日、神輿(みこし)渡業が催された。担ぎ手不足や交通量の増加などから戦後間もなく途絶え、担ぎ手の記憶すら残されていないものの、市内のみこし保存会の「担いでみたい」という情熱が“復活”を後押しした。

神輿は1931(昭和6)年製。高さ4メートル、幅3メートル、重さ2・3トン。屋根に重さ60キロの鳳凰(ほうおう)が乗る。「先代は海に流されてしまったので、より大きな神輿を造ったんだよ」。同神社役員の釼持廣次さん(86)は説明した。

菅原道真公を祭る同神社の神輿渡業は、道真公の誕生日(4月25日)に催す例大祭。その御霊(みたま)を神輿に移して町を練り歩き、加護を願う伝統行事だ。

かつては国道1号から海岸を経て、現在のJR国府津駅近くまでを往復した。戦後は台車に載せ、牛に引かせた年もあったが間もなく途絶えた。「神輿を担げる氏子が減ったし、国道1号の交通量が急増したからね」。もう一人の役員、古谷幸雄さん(86)は振り返った。

2人とも担いだ経験はない。しかし、白装束の担ぎ手が神輿を何重にも取り巻く様は今でも覚えている。「最低60人いないと担げない。交代を含めると200人は必要だ」。2人は目を合わせてうなずいた。「勇ましくもむのではなく、本来は静々と巡行する」

元日に必ず神輿を収めた倉庫の扉を開けることから、みこし保存会メンバーが「担がせて」と要望を重ねていた。

この日は、約220人が同神社に集まり、法被姿で神輿を担ぎ出し、神社横の市道約150メートルを往復した。「こんな立派な神輿があったなんて」と沿道の住民。半世紀余を経て現れた伝統に感慨深げな様子だった。

【】

神輿(みこし)に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング