1. ホーム
  2. 塩素ガス発生 16人病院搬送 横浜のマグロ加工会社

塩素ガス発生 16人病院搬送 横浜のマグロ加工会社

神奈川新聞 | 2017年5月25日(木) 02:00

ガスを吸った従業員が搬送された食品加工会社「フーズシステム」の工場=24日午後、横浜市磯子区
ガスを吸った従業員が搬送された食品加工会社「フーズシステム」の工場=24日午後、横浜市磯子区

 24日午前10時5分ごろ、横浜市磯子区新磯子町のマグロ加工会社「フーズシステム」から、気分が悪くなった従業員がいる、と119番通報があった。磯子署や市消防によると、同社の加工場で塩素ガスが発生し、従業員16人が鼻やのどの痛みを訴えて病院に搬送されたが、いずれも命に別状はないという。同署が詳しい原因を調べている。

 同署などによると、同社3階にある加工場で、マグロや機械を消毒する専用洗浄水を調合する際、希塩酸ナトリウム用のタンクに誤って次亜塩素酸ナトリウムを混入させ、ガスが発生したとみられる。3階では当時、約35人が作業中だった。

 同社の男性役員(64)は「大変ご迷惑をお掛けし申し訳ない。事実関係などを確かめ、原因を調べたい」と話した。

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング