1. ホーム
  2. 「絵手紙フェスティバル」、樹木を描いた1メートル超の浅田さん作品が話題に/横浜

「絵手紙フェスティバル」、樹木を描いた1メートル超の浅田さん作品が話題に/横浜

神奈川新聞 | 2013年2月19日(火) 19:38

「絵手紙ははがきの大きさだ、などの固定概念を破りたい」と話す浅田美知子さん=東京都品川区の大崎ウエストギャラリー
「絵手紙ははがきの大きさだ、などの固定概念を破りたい」と話す浅田美知子さん=東京都品川区の大崎ウエストギャラリー

絵手紙作家の浅田美知子さん(64)=横浜市港北区=が、大崎ウエストギャラリー(東京都品川区)で開催中の「絵手紙フェスティバル2013」で、樹木を描いた大きな作品を発表して話題を呼んでいる。仏像を描いていたが東日本大震災で「心を落ち着かせてくれたのが木々に咲く花だった」と、作風が大きく変化。絵手紙の枠にとらわれない作品作りに取り組んでいる。22日まで。入場無料。

公園、寺社などの名木の他、街路樹に心引かれるという。作品はいずれも長さが1メートルを超えるが、歩道の端に座ったまま紙をずらしながら描き、2~3時間で完成させる。今回の展示も大作の河津桜やバラなど7点が並ぶ。

震災当日は、日本文化を紹介するイベントに参加するため、ハワイに滞在中だった。帰国後、現地のニュース番組で繰り返し流された津波の映像が「頭から離れず、気持ちがすごく落ち込んだ」と浅田さん。筆を執る気になれなかった。

ある日、近所の道路沿いに咲くヒカンザクラが目に入った。「こんなときにもきれいに咲いている」と初めて樹木に向き合った。描いているうちに心が静まり、落ち着いてきたという。以来、樹木が作品のテーマに。描きながら感じた言葉を絵の脇につづり、手紙を受け取る相手の顔を思い浮かべる。「大地に根差して生きている木々も仏と同じで、心に向き合うものだと思う」と話している。展覧会の問い合わせは同ギャラリー電話03(3490)4177。

【】

河津桜に関するその他のニュース

に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング