1. ホーム
  2. 教育
  3. 厚木市立戸田小学校(厚木市戸田)

教室に行こう
厚木市立戸田小学校(厚木市戸田)

教育 | 神奈川新聞 | 2022年3月7日(月) 15:00

学年超えて助け合い
卒業式や入学式を彩る「お花同好会」

プランターや苗を作業場所へ一斉に移動

 「もう花が咲いている苗がある」「つぼみがいっぱいでたくさん咲きそう!」

 子どもたちが中庭に集まり、歓声を響かせている。見つめているのは、一株ずつ黒ポットに植えられたサクラソウの苗。中には、赤紫色のかわいい花を咲かせ始めた株も。「早く植えたいね」と子どもたち。植えられた苗は、卒業式や入学式の頃に満開になり、文字通り「花を添える」予定だ。

 先生の掛け声で、一斉にプランターや苗をそれぞれの作業場所へ移動させ、サクラソウの苗を植え始める。「私、苗を取ってくる」「花の周りの土は、手でやさしく固めておくといいよ」「もう少し土を入れるといいかもね」。互いに声を掛け合いながら、1つのプランターに2株ずつ、手際よく苗を植えていく。

声を掛け合い、手際よく苗を植えていく

 集まっているのは、「お花同好会」として集まった有志のメンバーだ。さまざまな学年の子どもたちが、「花が好き」という共通点でつながっている。

 戸田小学校では、学級や学年の枠を超えて子ども同士のつながりを作ること、そうやってできた仲間で助け合い、相談しながら物事に取り組むことを大切にしている。

 「みんなに喜んでほしいから」。参加した理由について聞かれると、口をそろえてそう話す。誰かを笑顔にしたい、喜ばせてあげたい、そんなあたたかい気持ちが、学年を超え、学校全体で子どもたち同士をつなげている。

 「これ、戻してくるね」。サクラソウを植え終えると、後片付けも要領よく行っていく。すぐそばの昇降口には、「あなたのやさしさをそだてる」と書かれたお花同好会募集の手作りのポスターが掲示されている。間もなく迎える卒業式や入学式。満開に咲く花々で、やさしさいっぱいに彩られるに違いない。

さまざまな教室から、県教育委員会の指導主事や先生らで構成する「学び見守り隊」がリポート 神奈川県教育委員会では、他にも各校の取り組みを「元気な学校づくり通信『はにい』」で紹介。 http://www.pref.kanagawa.jp/docs/v3p/seitosidou/hanii.html

教室に行こうに関するその他のニュース

教育に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング