1. ホーム
  2. 神奈川新聞社からのお知らせ
  3. 「文芸コンクール」刷新へ

「文芸コンクール」刷新へ

2021年3月29日

募集時期変更、今秋に詳細発表

 半世紀を重ねた「神奈川新聞文芸コンクール」が来る51回に向けて、より魅力的な創作文芸の場として生まれ変わります。

 このリニューアルに伴い、募集時期や作品規定などを変更します。詳細は今秋以降、本紙およびウェブサイト「カナロコ」で発表します。2022年1月からの募集を予定しています。

 1971年にスタートした本事業は、これまでに高橋源一郎、島田雅彦、角田光代ら、神奈川ゆかりの文学者らが審査員を務め、「短編小説」「現代詩」の2部門で展開してきました。

 51回以降も2部門における開催はそのまま、新鮮で個性豊かな書き手、作品の発掘を目指します。ご期待ください。