1. ホーム
  2. 神奈川新聞社からのお知らせ
  3. 東日本大震災から9年 「災害復興を考えるフォーラム」~住み続けられるまちづくりを目指して~

東日本大震災から9年 「災害復興を考えるフォーラム」~住み続けられるまちづくりを目指して~

2020年1月15日

【概要】
 神奈川大学と城南信用金庫は2019年9月に締結した連携協定の一環として、東日本大震災から9年をむかえる今、「災害復興を考えるフォーラム」を開催します。

 専門家による講演や福島や宮城からの現地報告、パネルディスカッションを通して、復興支援の在り方を探り、これからも住み続けられるまちづくりを目指すために必要なことは何かを考えていただきます。

【開催日時】
 2月24日(祝・月) 14:00~17:00頃(開場13:30予定)

【開催場所】
 神奈川大学横浜キャンパス16号館 セレストホール
 (横浜市神奈川区六角橋3-27-1)

【定員】
 300名(事前申込制で先着順)

【参加費】
 無料

【申込方法】
 入力フォームもしくはTEL、FAX、はがき、メールで下記応募先まで郵便番号、住所、氏名、年齢、 職業、電話番号、同伴者がいる場合は参加総人数を明記し、ご応募ください 。

 TEL:045-227-0812(平日10時〜17時) FAX:045-227-0765
 Mail:kokoku@kanagawa-np.co.jp
 〒231-8445 神奈川県横浜市中区太田町2-23
 「災害復興を考えるフォーラム」事務局あて(神奈川新聞社クロスメディア営業局内)


入力フォームへ

【お問い合わせ】
 神奈川新聞社クロスメディア営業局内
 「災害復興を考えるフォーラム」事務局 電話045(227)0812(平日10時から17時)まで

【応募締め切り】
 2月17日(月)必着
 先着順に聴講ハガキを発送させていただきます。(定員になり次第締め切ります)
 [個人情報の取り扱いについて]お申し込みいただきました個人情報は、事務局で厳重に管理し、講演会に関する連絡等にのみ使用し、第三者への提供・開示はいたしません。

内容
 ■基調講演
  神奈川大学経済学部教授 佐藤 孝治氏
  「三陸被災地の現状と問題点~空撮映像で考える想定外の現実」

 ■被災地現場からの現地報告
  福島県飯舘村村長 菅野 典雄氏
  みやぎ心のケアセンター副センタ―長 福島 成氏(精神科医)

 ■パネルディスカッション
  パネリスト
   城南信用金庫理事長 川本 恭治氏
   福島民報社社長 高橋 雅行氏
   神奈川大学工学部教授 曽我部 昌史氏
  コーディネーター
   神奈川大学工学部教授 荏本 孝久氏

 ■朗読
  神奈川大学特任教授(就任予定) 原 良枝氏

主催
 神奈川大学
共催
 城南信用金庫
協力
 福島民報社 河北新報社